低金利でキャッシングならやっぱり銀行が有利?

もし、キャッシングをする必要があるとなったら、できるだけ金利の安いローンを利用したいと、誰もが思うことでしょう。となれば、やはり銀行のローンがおすすめです。

即日融資には向いていませんが、低めの金利設定と高額の融資が可能だからです。

ところで、一口に銀行のローンといっても種類はいろいろあります。大まかにいうと、以下の二つに分けることができます。

使用用途が限定されているもの

こちらのローンには、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどが該当します。銀行のローンはこれらのように、ほとんどその利用目的別に分けられています。

言い換えれば、その融資金は原則として、それ以外には使用できないということにもなります。なお、各銀行によっても提供していローンやサービスが異なりますので、よくご確認ください。

これらのローンは多額の融資を必要とする場合が多いので、しばしば担保の設置が求められます。担保が必要なローンは「有担保型ローン」、その設置が必要ないローンは「無担保型ローン」と呼ばれています。

担保によって、より有利な金利で融資を受けることができることなります。

使用用途が限定されていないもの

一方、銀行のローンの中には、上記のようなローンとは異なり、使い道が自由なローンもあります。それが、フリーローンとカードローンです。これらのローンには融資してもらったお金の利用方法についての指定はありません。

つまり、使い道は自由です。しかし、この二つのローンでは融資方法が決定的に違います。フリーローンの融資方法は、一括で口座により振込型です。それに対して、カードローンではATMからその都度好きな金額を引き出すシステムとなっています。

以上のように、銀行にはさまざまなローンがありますが、中でも、使用用途が限定されていないフリーローンとカードローンはよく利用されます。

フリーローンとカードローンの比較

では、ここでこれらのローンの違いについて、簡単にまとめておきます。

【フリーローン】

フリーローンは、契約が済むと一括で融資総額金が指定口座に振り込まれる形となります。それ以外に追加で融資が融資が行われたりすることはありません。後は完済に向かって返済を繰り返すのみ、というシンプルな仕組みなので、完済しやすいという特徴があります。

【カードローン】

一方、カードローンは利用限度額の範囲内であれば、何度でも融資金を引き出すことができるシステムです。

もし限度額いっぱいまで借り入れてしまうことになっても、返済する度に利用限度額が復活するため、一度限度額いっぱいまで借り入れてしまうと、借入を繰り返すことになり、いつまで経っても返済できない、という状況に陥りやすい傾向にあります。